「ジムで合トレは何人までOK?」ジムを正しく利用するためにゴールドジムのトップトレーナーが答える

ジムに早速通おうとしたときに気になるジムマナー。前回に続き、ここではゴールドジムアドバンストレーナーの荒川孝行氏によくあるジムマナーの疑問に回答してもらった。

取材・文:IM編集部 監修:荒川孝行(ゴールドジムアドバンストレーナー)

Q:館内で撮影はだめでしょうか。ジム内で動画や写真でトレーニングフォームを撮影したいのですが。

A:ほとんどのジムでは撮影は原則禁止となっていると思います。理由は他の方が映りこんでしまうことによるトラブルが発生する可能性が高いからです。フォームの確認など撮影をしたい場合は、そのジムのスタッフや店舗の了承を得て行うようにしましょう。

Q:バーベルをフロアに落とす種目はやってもいいのでしょうか?

A:施設によってやっていい種目とやってはいけない種目があります。ジムに確認して行える種目をやりましょう。ゴールドジムでは手を放してバーを落とすことはご遠慮いただいています。床の高さから引くデッドリフトができない店舗はほぼありません。トレーナーに確認の上、指定の場所で行っていただければと思います。

Q:合トレ(合同トレーニング)は何人までOKですか?

A:「合トレ(合同トレーニング)」という言葉はこの2,3年の間で特に多く聞かれるようになりましたね。人数については、各ジムによって規定が設けてあるかもしれません。そのジムの規定に従っていただくのが良いです。ゴールドジムでは人数の制限はありませんが、お互いに立ち位置を調整いただいたり、密集してしないようにいただくなど、他の方への配慮はお願いしたいと思います。

Q:トレーニングウェア以外でトレーニングをしてはいけないのですか?

A:クラブによってルールは違いますが、トレーニングをする場所ですので、動きやすい格好でお越しください。明らかにトレーニングに適さない服装は止めておきましょう。

Q:セーフティラックは使用した方がいいのでしょうか?

A:必ず使用してください。使用しないとスクワットやベンチプレスなど潰れたときに大ケガにつながります。ご自分の体格、フォームに適した高さに必ず設定をしましょう。

Q:バーベルカラーは毎回付けるべきでしょうか?

A:付けましょう。安全面の意味で、ほとんどのフィットネスクラブがカラーをつけることを推奨していると思います。カラーを付けていなかったことによる大きな事故は、過去に何度も発生しています。ゴールドジムでは上級者の方であっても、ウォーミングアップの軽い重量から必ずつけていただくようご案内をしております。上級者の様子を見て、初心者の方も毎回つけていただけるからです。

Q:ロッカー内での撮影はしてもよいですか。

A:絶対にしてはいけません。どのジムでも同じと思います。自分だけを撮る場合であってもご遠慮ください。もちろんゴールドジムでは絶対禁止です。ロッカーは裸になられる空間です。ほかの方とのトラブルにもなりますので、ロッカールーム内でスマホは取り出さないことをおすすめします。

Q:ベンチプレスなどトレーナーさんの補助を頼んでもいいのでしょうか?

A:ジムによって見解が異なると思います。ゴールドジムでは補助は安全管理目的で実施させていただいております。フォームに自信がない方、高重量のチャレンジやラックアップ時など、お気軽にお声掛けいただければと思います。なおフォーストレップ法は原則行いません。安全管理の目的と異なるのと、特定の方、特定の場面を除きトレーニング効果が著しく下がるためです。余談ですが、最近はベンチでフォーストレップ法を希望される方はほとんどおられなくなりました。14,5年前まではベンチプレスでフォーストレップ法をされている方は大変多かったです。これも一昔前に比べ、トレーニングの正しい情報が伝わってきたためと思われます。

Q:熱はありませんが、咳がでます。ジムにはいかない方がいいでしょうか?

A:体調が悪いときにはジムをお休みしましょう。敏感な時期ですので今まで以上に注意を払って万全の体調でお越しください。


荒川孝行(あらかわ・たかゆき)
1978年3月15日生まれ。東京都出身。ゴールドジムアドバンストレーナー。パワーリフティング競技では国内外で活躍している。主な戦績は、全日本選手権93kg級優勝5回(2007、2012~14、2017)、世界選手権93kg級7位(2017)など。

◀トップページに戻る

オススメ記事☟

ピックアップ記事

関連記事一覧