昔懐かしい!元祖「チーかま」がプロテインフードに仲間入り

昭和45年に発売された「チーかま」は、魚とチーズの栄養を手軽に採ることができるという点から、学校給食に採用された歴史をもつ。子どものころにおやつで食べた記憶がある人も多いのではないだろうか。ちなみに、「チーかま」は登録商標のため、使用できるのは発売元の丸善だけだという。たらを原料とする弾力豊かなかまぼこに、チーズメーカーと共同で開発したチーかま専用のチーズを使用している。一般的なチーズは、高温で加熱すると液状に溶けだしてしまうが、このチーかま専用のチーズは、熱を加えても溶け過ぎず、口に入れたときにほどよく溶け出す。
今年で発売50周年を迎え、タンパク質製品の需要拡大を受け、新たに「チーかま4本P(たんぱく質20g)」と「チーかま濃厚4本P(たんぱく質20g)」が9月1日に発売される。吟味した素材と製法を用いるポリシーは変えず、通常品のチーかまよりタンパク質量を強化、1パック(4本入り)あたり20.4g含まれている。チーかまが筋トレ愛好家にうれしいプロテインフードの仲間入りだ。

三大栄養素のひとつであるタンパク質は、筋肉や臓器、血液、骨、皮膚、髪など多くの組織をつくる材料で、身体づくりに欠かせない。さらに、タンパク質は合成と分解を繰り返しており身体にとどめておくことができないため、こまめに補給することが大切だ。

余談だが、毎年11月13日はチーかまの日に認定されている。その由来は、11月11日がチーズの日、11月15日がかまぼこの日ということから、その中間をとってチーかまの日に制定されたんだとか!簡単アレンジや絶品レシピなども多数紹介されているから、おやつやおつまみに手軽に魚とチーズのタンパク質が摂れそうだ。

お問い合わせ:丸善 03-3834-1994  インスタグラム @maruzen.cheekama

ピックアップ記事

関連記事一覧