レッグカール|レジェンドビルダーが編み出したゴールドジム・マシン活用術

“ミスターボディビルディング”と呼ばれるレジェンド小沼敏雄選手が実際に行っているトレーニングを解説。今回は「脚の後ろ」の日に行っているレッグカールを紹介する。

取材:藤本かずまさ 撮影:舟橋 賢

レッグカール
ハム伸展重視 <胸を張った状態で膝関節を曲げていく>

使用マシン
ICARIAN シーテッドレッグカール
パッドで脚がしっかりと固定されるのがこのマシンのメリット。固定できないと、動作中に身体が前に動いてしまう。また、シートも動作を行う上でちょうどいい角度になっている。

やり方

ハムストリングの膝裏に近い位置のストレッチを狙うレッグカール。シートには浅めに座り、膝に近い位置にパッドを設定する。ここから脚が前に出てしまわないように両腕でパッドを押さえて固定する。胸を張った状態で膝関節を曲げていく。殿部は関与しない。

セッティング

脚を固定するパッドは3つめの穴にセット。遊びが出ないように脚を固定する.

つま先はまっすぐ上を向け、足幅は狭めにする。この状態でハムストリングにストレッチをかけて、膝関節を曲げていく。

▶レッグカールを極めたい! レジェンド小沼敏雄が編み出したマシン最先端活用術!ハム伸展重視のレッグカール

ピックアップ記事

関連記事一覧