トレーニング mens

シーテッドカーフレイズ|レジェンドビルダーが編み出したゴールドジム・マシン活用術

“ミスターボディビルディング”と呼ばれるレジェンド小沼敏雄選手が実際に行っているトレーニングを解説。今回は「脚の後ろ」の日に行っているシーテッドカーフレイズを紹介する。

取材:藤本かずまさ 撮影:舟橋 賢

シーテッド・カーフレイズ
収縮重視  <上体を後ろに倒してフル収縮させる>

使用マシン
ICARIANシーテッド・カーフレイズ
この種目のマシンはメーカーによって大きな違いはそれほどない。FLEXもやりやすい

やり方

血流改善の狙いもあり、カーフレイズは「脚の後ろ」の日、「脚の前」の日の2回行う。シーテッドでは収縮を重視。パッドを一番高いところまで持ち上げ、カーフをフル収縮させる。上体は後ろに倒す。倒すことで負荷が抜けづらくなり、軽い重量でも効かせられるようになる。また、下ろしたときのストレッチもかけやすくなる。

高く持ち上げてから、そのまま下ろしていく。ここでは関節に負担をかけないよう、フルストレッチは狙わない。ストッパーをつけたまま動作を行う。

上げたときは中指の下の位置、下ろしたときは母指球が支点になる。母指球を支点にしたままだとフル収縮ができない。上げるときは支点が足裏の外から内、下ろすときは内から外に移動するイメージ。




佐藤奈々子選手
佐藤奈々子選手

-トレーニング, mens
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,