全日本13連覇!伝説のボディビルダーのカーフの鍛え方

ミスターボディビルディング小沼選手が実際にゴールドジムで行っているトレーニングを解説。今回は「脚の前」の日の種目ドンキーカーフレイズをご紹介。

取材:藤本かずまさ 撮影:舟橋 賢

ドンキーカーフレイズ
ストレッチ重視 <2段階で思い切り上げていく>

使用マシン
ICARIANドンキーカーフレイズ
この動作をスタンディングのカーフレイズマシンで行おうとすると、軸がぶれてしまい難しくなる。ドンキーカーフレイズだと膝を伸ばした状態でストレッチもかけられる。

やり方

カーフの血流をよくするためにドンキーカーフレイズから入る。重量を扱ってストレッチをかける。膝は伸ばすが、ロックはしない。意味合いとしては、シーテッド・カーフレイズでカーフの形、ドンキーカーフレイズでボリュームを作っていく。

足首→膝関節の2段階で上げていく。こうすることで、より強く収縮できる。1段階目では膝は緩め、足首のみを上げる。2段階目で膝を伸ばす。ただし、ロックはしない。身体を後ろに入れて、お尻を突き上げるイメージで上げる。

▶小沼選手がこの種目の次に行っているレッグエクステンションの意外なやり方

 

ピックアップ記事

関連記事一覧