ロウイングマシンで三角筋後部を鍛える!レジェンドビルダーのリアデルトロウ

ミスターボディビルディング小沼選手が実際にゴールドジムで行っているトレーニングを解説。今回は「肩と上腕三頭筋」の日の第二種目、リアデルトロウをご紹介。

取材:藤本かずまさ 撮影:舟橋 賢

リアデルトロウ (三角筋後部・収縮重視)
上体が固定できフェイスプルより重量を扱える

使用マシン
TECAロウイングマシン
「斜め上→斜め下」の軌道で、さらにシートを低く設定することでフェイスプルに近い動作が可能となる。また、フェイスプルで重量を扱うと戻すときに身体が引っ張られてしまうが、このマシンにはチェストパッドがあり、また踏ん張るため身体が固定できる。そのためフェイスプルよりも重量を扱える

やり方

低い位置に設定したシートの前のほうに座る。骨盤を立て、背筋を伸ばした状態でハンドルを持つ。

胸を張ったまま、肘を張った常態でハンドルを引く。「斜め上→斜め下」というフェイスプルに近い軌道になり、最後までしっかりと引き切ることで三角筋後部に刺激が入る。そこで入った刺激を逃がさないようにしながら戻していく。戻す位置は負荷が抜けないポジションまで.

グリップについて

グリップは人差し指、中指、薬指が中心。この3本をメインにすることで手首が屈曲でき、肘を張りやすくなる。

動作について

引くときは肘の位置を下げない。肘を下げて引くと背中の筋肉が動員される。

NG

背中は丸めない。丸めてしまうと三角筋後部への刺激は弱くなる。

小沼選手の「肩と上腕三頭筋」の日の第一種目はこれ ▶肩トレ!まさかのリアから!レジェンドビルダーのリアデルトフライ

ピックアップ記事

関連記事一覧