好きなことをしながらダイエット! 静かで衝撃が少ないフィットネスバイクが登場

マスクをつけてのランニングに限界を感じている人は、自宅で本格的な有酸素運動や高強度のトレーニングが可能なフィットネスバイクを検討してはいかがだろう。
時間を気にせず、ボディメイクに不可欠な脂肪燃焼エクササイズが可能になり、継続することでルーチンワークアウトのパワーと持久力の向上も望めるだろう。

SCHWINN (シュイン)製「IC7インドアサイクル」は、本気のサイクリストを念頭に置いて設計された極めて衝撃が少ないフィットネスバイクだ。1895年当時のアメリカ自転車産業の中心、シカゴにて設立されたSCHWINNは、インドアサイクル市場においても数々の革命を起こしてきた。

通気性が高いレーススタイルのシートを採用。ハンドルは長時間の激しいライドでも腕が疲れにくいウレタンコートのパット入り仕様で、四方向への位置調整ができる優れものだ。さらに、シンプルで操作性の良い液晶コンソールが標準装備され、心拍数や時間、距離、回転数、スピード、カロリーがチェックできる。もちろん、タブレットホルダー付きのため、好みの映像を観ながらのトレーニングもOK。
赤い丸みのある2つのレバーは、ポジション調整のために水平と垂直に動かすハンドルバーだ。安定性と使いやすさのバランスが取られた18.1kgのフライホイールは、スムーズで静かな動きをするベルトドライブ式。
フットペダル部分は、つま先をケージにいれSPDクリップで調整して固定することができ、移動に楽なキャスターも装備され、至れり尽くせりといった具合!
ダイヤルで調整可能な負荷抵抗を備えたこのバイクは、本格的なサイクルトレーニングが可能にしてくれるだろう。

トレーニング中にタブレット等を操作できるタブレットホルダーと水分補給に便利な特大サイズのウォーターボトルホルダーを装備。

滑らかで静かなベルトドライブを搭載した18kgのフライホイール。デュアルSPDペダルは、ライダーの好みに応じて、標準のトゥクリップまたはSPDクリップを使用できる。

「SCHWINN QUALITY」とホイール部分にデザインされ、奥行114cm×幅58cmに収まるサイズ。スタイリッシュなフォルムがモチベーションをあげてくれそうだ。
無心でペダルをこぎ続ければ、コロナによるストレス解消にもいいかもしれない!

SCHWINN (シュイン) IC7 インドアサイクル【7月末入荷予定】

サイズ:奥行114×幅58×高125cm
重量:45kg
フライホイール重量:18kg
耐荷重:最大使用者体重136kg
価格:107,800円(税込)
お問い合わせ フィットネスショップ 0120-29-2701

 

ピックアップ記事

関連記事一覧