“ミスターボディビルディング”小沼敏雄流!スタンディングレッグカール

“ミスターボディビルディング”と呼ばれるレジェンド小沼敏雄選手が実際に行っているトレーニングを解説。 今日は「脚の後ろ」の日に行っているスタンディングレッグカールを紹介する。

取材:藤本かずまさ 撮影:舟橋 賢

スタンディングレッグカール
殿部&ハム収縮重視

使用マシン
APEXスタンディングレッグカール
他店舗にはあまりないAPEXのスタンディングレッグカールマシンを使用。動作中、上体を固定できるのがこのマシンの利点。上体が前方に流れず、しっかりと殿部、ハムを収縮できる

やり方


立った状態でワンレッグで行うことで、殿部の外側からくまなく収縮できる。前項のレッグカール同様、足のパッドは短く設定し、膝裏に近い位置に置く。フットプレートには乗らず、足幅は広めに取る。動作は「膝関節→殿部」の順番

股関節の位置にあるパッドは、 フィニッシュでは身体から離れるが、ポジティブ動作ではこのパッドで大腿部上部を押さえながら戻していく

ピックアップ記事

関連記事一覧