夏休み明けの先輩に衝撃…!アブローラーでバキバキな腹筋を作った男がコンテスト優勝

マッスルゲート東北が7月3日(土)に宮城・仙台国際センターにて初開催。220名以上もの選手がエントリーし、レベルの高い大会となった。人気カテゴリーメンズフィジークでは、168cm以下級で鎌田威一郎選手が優勝した。夏休み明けにバキバキになった先輩に衝撃を受け、トレーニングを始めたという鎌田選手のバキバキになったかっこいい身体をご覧ください。

取材:FITNESSLOVE編集部 写真:中島康介

▶鎌田選手の大会写真はこちら

鎌田 威一郎 選手

トレーニングをはじめたきっかけ

夏休み明けに2個上の先輩がバキバキになって現れたことに衝撃を受けて、「自分もこうなりたい」と思ってトレーニングを始めました。

ボディコンテスト出場のきっかけ

減量への挑戦。

なぜマッスルゲートに出場したのか

出場のしやすさと会場の多さ、そして審査員の豪華さなどで決めました。

学生時代にやっていたスポーツ

バスケとラグビー

現在の職業

パーソナルトレーナー

お仕事との両立

常に低血糖になっています。

ご家族の反応

応援してくれてます。

普段のトレーニングメニュー

まずチンニングから始めます。

コンテストに向けてのトレーニングメニュー

チンニング。そしてアブローラー&ドラゴンブラック。

トレーニングをしていてつらかったこととそれを乗り越えた方法

周りの人と比較たときに一度メンタルやられましたがなんとか乗り切りました。

トレーニングをしていて良かったこと

成長しているかどうかが分かりやすいことです。

トレーニングでこだわっていること

フォームに気を付けて、最後までやり切ることです。

食事でこだわっていること

食べたいものを食べています。

コンテストに出て良かったこと

楽しい!! 家族も喜んでくれます。

今後の大会での目標

鈴木雅さんにフィードバックしてもらいたいです。

次のページ:大会写真

合わせて読みたい!

ピックアップ記事

関連記事一覧