元トランポリン競技選手が筋肉系コンテストでジャンプアップ!「身体を動かすことの楽しさを広めたい」

初心者の登竜門として2017年から全国各地で行われている『マッスルゲート』の各地方大会の上位入賞者たちが集結する『ゴールドジムジャパンカップ』が、11月27日(土)、28日(日)と2日間にわたり新宿住友ビル三角広場にて開催された。今年から追加され早くも人気カテゴリーとなっている“ウーマンズレギンス”の163㎝以下級ではトランポリン競技で磨き上げた美しく筋肉質な身体を武器に美田佳穂選手が優勝。今後の活躍が大注目な選手のひとりだ。

美田佳穂選手

取材:FITNESS LOVE編集部 写真:中島康介

ウーマンズレギンス163cm以下級 優勝 美田佳穂選手

優勝の感想

今でもあまり実感がないほど、とにかくびっくりしました。ですが、半年間頑張ってきたことが結果に繋がってホッとしています。

ジャパンカップに出場した理由

今年の5月に「大会出てみたい!」と思ったのがきっかけです。その頃は、ジャパンカップはもちろんマッスルゲートの存在自体知りませんでした…。もともとトランポリン競技をやっていて、学生時代まではトランポリンのことしか考えていないくらいでしたが、腰を怪我してから思うような選手生活を送れずやり切れないまま引退したことがずっと心残りでした。そこで新しく何か挑戦できることはないかと考えていたときにフィットネス競技を知り、挑戦してみようと思いました。

ジャパンカップまでの道のりには、どんなことがあったか

真正面から自分と向き合えたことです。学生時代は、現状の自分を受け入れられずとことん目を背けてきました。そんな自分が嫌で仕方ありませんでしたが、今の自分は好きです!どんな自分でも、受け入れられるような人になろうと思います。

競技をすることで得られた変化

美田佳穂選手

以前は、筋肉質な身体をコンプレックスに思っていたこともありましたが、この身体に誇りを持つことが出来る様になったことが1番の変化です。さらに、職場のフィットネスクラブのお客様から、私のようになりたいと言っていただけて、自信が持てるようになりました。また、見え方、見せ方を意識したトレーニングをするようになり、トレーニングの質が圧倒的に上がりました。

普段の仕事と行っている競技の両立について

普段はフィットネスクラブINSPA新横浜で、トレーナー、インストラクターをしています。減量生活を通して、今まで以上に時間の大切さを学べたり、大会に出場することが仕事へのモチベーションに繋がっています。私自身の身体や生活を通して、1人でも多くの人に「身体を動かすことの楽しさ」を広められればと思っています。

トレーニング、食事に対するこだわり

これといったこだわりはありません!ただ、食べることが大好きすぎるので大量の野菜を毎食しっかりと摂れるようにしています!トレーニングはとにかく狙いたい部位に集中して取り組んでいます。

今後の目標

2022年はJBBFの大会に出たいと思います。少しではなく、大きく成長した姿でステージに立てるよう、初めての増量期間を大切に過ごします。
劇的!ダイエットビフォーアフター》関連記事

ピックアップ記事

関連記事一覧