ジャンポケおたけ プチ筋肉自慢で出演者も驚く「肩」を披露

「マッスルゲート名古屋」メンズフィジーク新人の部172㎝以下級と一般の172㎝以下級の2カテゴリーにエントリー(撮影:中島康介)お笑いトリオ、「ジャングルポケット」のおたけが、9日放送のテレビ朝日アメトーーク!「筋肉ついてウレシイ芸人」に出演。鍛え抜いた筋肉のプチ自慢をするコーナーで、丸みのおびた『肩(三角筋)』を披露し、出演者を驚かせた。

【写真】14kgの減量に成功し絞り込んで挑んだバキバキ筋肉ボディのおたけ

今回は、筋トレを始めてから筋肉がついてきたと自己満足している幅広いメンバーが集結。番組内では、筋肉がついたことで嬉しかったエピソードや、各自が鍛えたい部位のトレーニング方法などを紹介した。  その中でも、「これこれ!スゴイ!」「ようやく本番が始まった!」と出演者を驚かせたのが、おたけの肩だ。身体のアウトラインを強調するポージングを披露し、昨年始めてボディコンテスト(フィジーク)に挑戦したことについて話した。

昨年、おたけが出場したのは、愛知県・ウィンクあいちで10月17日に開催された「マッスルゲート名古屋」。8カ月間で14kgの減量に成功し、メンズフィジーク部門に満を持して出場するも惜しくも入賞とはならなかった。  そこから約4カ月。ウエイトトレーニング雑誌「IRONMAN(アイアンマン)」の取材を受けたおたけは、その後も「完全に筋トレ中毒になっている」ことを明かし、コンテスト出場によってもたらした生活の変化についても話していた。

ウエイトトレーニング雑誌「IRONMAN(アイアンマン)」でガチトレを披露(撮影:北岡一浩)「うちの会社でもマヂカルラブリーの野田(クリスタル)さんがジムを作ったんです。コンテストに出たことでそのジムに関わらせていただくことになり、僕も指導させていただくこともあります。まあ全てコーチの受け売りではあるんですが(苦笑)。今回もこのような取材をしていただいて、仕事の幅がかなり広がったという実感があります。周囲の人たちからもトレーニングについて質問をされるようになってきたし、自分自身ももっといい身体になりたい、もっとでかくなりたいという欲が出てきました。38歳でコンテストに出られたので、40歳を超えてもトレーニングは続けていると思います。身体を変えるのに年齢は関係ないということが分かりました(記事から一部抜粋)」

今年もリベンジ出場が期待されているおたけ。“自己満”だけに留まらない筋肉ボディへ努力は続く。

ピックアップ記事

関連記事一覧