耐えて効かせる!レジェンドビルダーのリアデルトフライ

ミスターボディビルディング小沼選手が実際にゴールドジムで行っているトレーニングを解説。今回は「肩と上腕三頭筋」の日の第四種目、リアデルトフライをご紹介。

取材:藤本かずまさ 撮影:舟橋 賢

【関連記事】小沼選手の生ける伝説はこちら
▶日本ボディビル界の生ける伝説「誰も知らない小沼敏雄」 学生時代編

リアデルトフライ <三角筋後部・ストレッチ重視>
リアを伸ばしながら耐えて効かせる

使用マシン
ICARIANペックフライマシン
中央のパッド部分に支柱がないため、身体を前に出して構えることができる。そのため、前傾して三角筋後部をストレッチできる姿勢を作れ、FLEXペックフライマシンでは負荷の弱いストレッチのレンジでしっかり効かせることができる

やり方

リアデルトフライ

シートには座らず、マシンの横で構える。前傾姿勢を作り、オーバーグリップでハンドルを持つ。もう片方の手は支柱に置き、上体を固定する。写真の場合、左足を前に置き、右肩は後ろに下げる。この姿勢を作れるか否かがこの種目のポイント。

リアデルトフライ

【関連記事】小沼選手の生ける伝説はこちら
▶日本ボディビル界の生ける伝説「誰も知らない小沼敏雄」 ミスター日本初優勝編

動作について

リアデルトフライ

腕はなるべく大きく動かす。大きく半円を描くように開き、大きく半円を描くように戻す。戻すときは頭を入れて身体を下げながら、負荷を逃がさないように粘るようにする。ここで粘れるため、この種目ではストレッチポジションでも重量が扱える。

【関連記事】小沼選手の生ける伝説はこちら
▶日本ボディビル界の生ける伝説「誰も知らない小沼敏雄」 世界編

スタートの作り方

リアデルトフライ

肘はアゴ、もしくは口元の位置にくるくらいまで上げる。そこから頭を下に入れる。「頭を入れる」ことで、よりストレッチをかけることが可能となり、またネガティブ動作で粘れるようになる。この姿勢で三角筋後部をストレッチさせて、負荷を引っ掛ける

リアデルトフライ

このように肘が下がった状態だと三角筋後部のストレッチは弱くなり、またネガティブ動作で耐えることもできない。

合わせて読みたい! 小沼選手の「肩と上腕三頭筋」の日の種目はこちら
【第一種目】肩トレ!まさかのリアから!レジェンドビルダーのリアデルトフライ
【第二種目】ロウイングマシンで三角筋後部を鍛える!レジェンドビルダーのリアデルトロウ
【第三種目】ケガしやすい肩を「安全に」かつ「追い込む」レジェンドビルダーのリアデルトプルダウン

|肩トレで人気の記事

ピックアップ記事

関連記事一覧